京都の吉田神社は、「京都で節分祭りなら吉田神社」と言われるほどの人気を誇る神社です。節分祭だけで30万人規模の参拝者が訪れます。

吉田神社の節分神事は、平安の昔から行われてきた古式に則って行われる、貴重な伝統行事です。場所取りのために開催の数時間前から待つ人たちが出るほどの人気を誇ります。

今回は節分の発祥と言われる京都でも特に節分祭で名を馳せる、京都屈指のパワースポット、吉田神社を紹介します。

京都屈指の人気スポット!吉田神社の節分祭

吉田神社の節分祭は例年、2月2日〜4日まで行われます。
特に節分前日祭で行われ、鬼やらい神事とも呼ばれる追儺式(ツイナシキ)は、強力な厄除けが期待できると言われています。厄祓いのご利益を求めて参拝者が多く訪れる吉田神社でも最大級の人気を誇る神事です。

赤・青・黄、3匹の鬼を、中国伝来の呪術師である方相氏(ホウソウシ)が追い詰め、退散させます。

あまりのリアリティと勢いに泣き出す子供も続出という迫力の神事は、大人たちも魅了して止みません。

節分祭は、室町時代から行われている神事です。節分を祝う習慣は京都から始まったとされています。

中でも追儺式は平安の昔から大晦日、今の節分の日に行われて行われており、中国から伝来した古式に基づいて行われています。いにしえの伝統を今に伝える貴重な行事です。

パワースポットとしての吉田神社

京都の吉田神社は、「参拝すれば日本全国の神社に参拝したのと同じ」と称されるほど、霊言あらたかで崇敬厚い神社です。

吉田神社は859年、平安京の鬼門を護るために建立されました。押し寄せる膨大な厄を退けるため、吉田神社には八百万の神が祀られていると言われます。日本中の神々のご加護によって、鬼門から入り込む悪しきものから護るパワーを秘めている吉田神社。そのパワーが、鬼を払う節分祭においても強大なご利益をもたらすとされる所以です。

吉田神社が建てられた吉田山もまた伝説的な場所です。
吉田山はいにしえの昔には神々が地上に舞い降り神楽(カグラ)を奏でたとされ、神楽岡と呼ばれています。「神々が集う聖なる岡」の意です。神社の境内は、吉田山一体に広がります。多数の摂社や末社を擁する巨大な神社です。

吉田神社最強パワースポット「大元宮」

数ある吉田神社の社の中でも最も有名なのが、斎場所大元宮と呼ばれる社です。八角形の珍しい建築様式で作られた本殿がそびえています。本殿に祀られているのは、森羅万象の神であり宇宙の根源をなすとされる非常に珍しい神、虚無大元尊神(そらなきおおもとみことかみ)です。

日頃は中門が閉ざされており、本殿への参拝は叶いません。
しかし毎月1日とお正月の三が日、そして節分祭の時は中門が開放され、本殿への参拝も可能です(2022年の節分祭では開放されない予定)。

吉田神社は神の使者の鹿がいる

吉田神社の御祭神は奈良県の春日大社からお迎えした神々です。
奈良の春日大社といえば神の遣いである鹿が闊歩することで知られていますが、吉田神社の境内にも、神の遣いである神鹿の像も鎮座しています。

吉田山全体に及ぶ敷地は広大ですが、カフェや軽食を食べられる休憩スペースもあります。散歩気分で参拝するのもおすすめです。

吉田神社のご利益

吉田神社では節分祭があまりにも有名なため、強力な厄除け開運のご利益が期待できる神社というイメージが先行しがちです。

しかし御祭神を見ていくと、学業成就や縁結び、夫婦和合のご利益が期待できることもわかります。

  • 第一殿・・・健御賀豆知命(たけみかづちのみこと):厄除・開運
  • 第二殿・・・伊波比主命(いはいぬしのみこと):厄除・開運
  • 第三殿・・・天之子八根命(あめのこやねのみこと):学問成就
  • 第四殿・・・比売神(ひめがみ):女性のみに徳を授ける女神

神と人を結びつける天之子八根命や、女性にだけご利益をもたらす比売神が祀られていま

また料理の神を祀る山陰神社(やまかげじんじゃ)やお菓子の神を祀る菓祖神社(かそじんじゃ)もあり、神社の周りに巡らした石の垣である玉垣には、京都の名店が名を連ねています。

さまざまなご利益が期待でき、表情豊かな側面を持つのが、吉田神社の魅力です。

おわりに

吉田神社は京都の節分祭の元祖として、強力な厄祓いのご利益で知られています。
令和3年は規模を縮小するため大元宮は開放されませんが、追儺式は斎行予定です。露店も出店数は例年の800店規模と比べると大幅に減るものの、出店はある予定と発表されています(2022年1月現在)。

吉田山に点在する神社巡りとともに節分祭で厄を祓い、2022年の開運招福を祈願してみませんか。

名称:吉田神社(よしだじんじゃ)
住所:〒606-8311 京都市左京区吉田神楽岡町30番地
駐車場:あり
拝観時間:24時間可能(社務所は09:00~17:00)
拝観料:無料
交通アクセス:
市バス「京大正門前」下車 徒歩約5分
京阪本線「出町柳駅」下車 徒歩約20分
公式ホームページ:http://www.yoshidajinja.com/